Welcome Visitor: Login to the siteJoin the site

JAFE003 (Japanese Edition)

Short story By: FragmentEarth
War and military


Tags: 日本語, 版は, 本, ブック, 電子書籍, 集団思考, 暴力の欺瞞, ハンターが集まる, 速く深く掘り, 高い登山, 高利貸し停滞, 記念碑の建物, 導く多数派, 知的専制, 挑むファシズム, 北海ヨーロッパ, 潜水艦テルモピュライ, 軸商船, 海戦, 海軍観測, 歴史新聞, カジュアル盗難, 寝過ごす, 強制収容所, 全く同情ん, アルメニア人大虐殺, 偉大な犯罪, ウクライナにおけるテロ飢饉, スターリンのholodomor, ゲームをプレイ, 明るい光の真実, 戦争犯罪の大虐殺, 自分の心を作る, ウクライナにおける飢餓ジェノサイド, アイルランドジャガイモ飢饉, ウクライナの飢餓, アイルランドの大飢饉, カウンターインテリジェンス観察, ウクライナ飢餓ジェノサイド, ジャガイモ飢饉アイルランド, 戦争責任, 信念は選択肢です, 殉教者殺人, 損失のメリット, 失敗と勝利, 死の勝利, 占い物語の芸術, 剣に落ちる, 殉教者の凡例, 将来の犠牲, 高貴な結実, 殉教の伝説, 事実をいじめ, 事実かフィクション, 陰湿な敵対, 戦闘いじめ, 真実を押す, 履歴はうそ, 失敗を受け入れる, 失敗した場合に建物, 思うに失敗, ストーリーテリングは嘘, 後悔と恩恵, 死んだ死んだ死んだ, 利益のための殺人, 伝説の犠牲, 英雄崇拝, 死者の整合性, 禁断の思考, 無言の思考, 殉教の賛美, 選択の余地ない人生, 管理失望, 師匠と弟子, 情報の流れ, 下請けの問題, C。i。a。潜水艦, Ciaの秘密資金, 忙しい仕事, C。i。a。, O。s。s。へ, あまりにも多くの質問, 自己保存, 静けさの力学, 戦争を終わらせる, 戦争の機械, 実用的な戦争, 経済戦争, 装備戦闘ユニット, 戦争ソーシャルエンジニアリング, 非常識の生存, 社会戦争平衡, クイックエスケープ, 思考の旅, おなじみのパターン, 計画的な破壊, 責任コントロール, ホロコーストの責任, 第一次世界大戦, 世界戦争大虐殺, 虐待や虐待者, 弱い者いじめ, 強制的な飢餓, 虐殺大量殺人, 道徳戦時, 日系アメリカ人のための強制収容所, 日本の捕虜収容所, 囚人の視点, 敵のエイリアン, 民間人砲撃, 独自の省エネ, 弾幕風船, 修正主義者の歴史, ニュースメディア教育, 不治の病, 視点監督, ファシストユーモア, マルクス主義毛沢東思想, 減ると切り替える, 私につながる, 計画の言外の意味, 戦争の扇動, 快適ゾーン, 製造された戦争, 講談, プロットナビゲーション, あなた自身のために考える, 隠密行動, 浅い思考, 車の中で待っている, ムッバトラー, 嫉妬の世界, 社交界のファッション, 黒丸, 嫉妬して不安, 愛のゲーム, 原因と結果, このゲームをプレイ, 自信喪失の不安, 双方に有利な, 嫉妬操作, 試合に勝つ, 悪い姿勢, 偏執的な扇動, ソ連ドイツ, ひそかな知性, 戦争尋問, 決定的な答え, インタビュー発見, 入力を破る窃盗, 弾道ミサイル, 知的財産, 衝動性障害, バイエルンの要塞, 占領下のドイツ, 高山リダウト, 地下ナチス, 聖杯, 白のプロパガンダ, 山頂の居城, ベルクホーフ, 地下シェルター, 高山要塞, バイエルンリダウト, 戦争の神話, グレートサザン要塞, バイエルン部族, 永遠の春を願って, クエスト十字軍, 喪葬儀, リモート監視, 双眼鏡光学系, 家族の再会, リムジン霊柩車, ドライババトラー, 防水靴傘, 墓像, 尊敬反応, セキュリティのパラノイア, 葬式の儀式, 服従の理解, 上院議員ヴィーゼンタール, 他人を助ける, 死別支援, グリップ現実, 主観的な優先, 駅の期待, 放棄, 完全なミッション, 絶望的な希望, サービススタッフ, 良い生活, 優遇縁故主義, 法科大学院の教育, 相互利益, 機関間の協力, 秘密の陰謀, テレタイプ通信, 電話番号, 士気操作, ヨーロッパでの勝利, 欧州問題, 戦後ドイツ, 社長hooverツアー, ドイツの飢餓, ドイツの大虐殺, ホロコーストを投稿, 死と苦しみ, 世界大恐慌, ハーバートhoover, 分離債, 無実と罪悪感, 飢餓絶望, 絶望的な未来, 違いを定義, も例外ではない, 冷戦時代の政治, 受動攻撃性, 真実と制御, 被害者の自由, 情報管


フラグメント 地球 – 誤解に壮大な冒険、心理的な短編小説のこのシリーズは、自分自身を理解することによって見落とさ無意味な意味の細かい意味を探ります。
 
コールドコンセプト: れを行うのは簡単
 
悲しいことに、我々は数字でそう大幅に優れてそれらのタスクの中で、思考はカウントできません。私たちの歴史は暴力であり、その欺瞞のための私達の総容量以上のものを示す場合、しかし、それは私たちが今まで以上に離れて一緒に行うことができることの一つでしょう。グループは、個々の向こうエクセルできるタスクの数は数え切れないほどです:一緒に私たちは大きなを狩るなどを収集し、安いのずっと移動、より速く、より深く掘り下げ、長く高く昇る、より私たちだけが強くなり、全く身体またはグループまで組み立てないけれどもその数を増やすことにより、より自由に考えてきました。
 
と, 単純な English Edition: Sad, around those work that we do so great in number in, think can-not be count. Yet if our history show any-thing more than our gross size for anger, and trick of, it is certain that we can do more united than ever away. The number of work a group can do after the person is many: United we hunt great and collect more, move far for cheap, dig fast and deep, climb high for more; more only make us strong, though no body or group ever make has think more free by more it number.
 
と, English Edition: Sadly, among those tasks which we excel so greatly in numbers in, thinking cannot be counted. Yet if our history exhibits anything more than our gross capacity for violence, and deception thereof, it is surely that we can do more together than ever apart. The number of tasks a group can excel beyond the individual is countless: Together we hunt greater and gather more, travel farther for cheaper, dig faster and deeper, climb higher for longer; more only makes us stronger, though no body or group ever assembled has thought more freely by increasing its number.
 
 
フラグメント 地球 キーワード: 日本語 版は, 日本語 本, 日本語 ブック, 日本語 電子書籍, 日本語 電子書籍, 日本語 電子書籍, 集団思考, 暴力の欺瞞, ハンターが集まる, 速く深く掘り, 高い登山, 高利貸し停滞, 記念碑の建物, 導く多数派, 知的専制, 挑むファシズム, 北海ヨーロッパ, 潜水艦テルモピュライ, 軸商船, 海戦, 海軍観測, 歴史新聞, カジュアル盗難, 寝過ごす, 強制収容所, 全く同情ん, アルメニア人大虐殺, 偉大な犯罪, ウクライナにおけるテロ飢饉, スターリンのholodomor, ゲームをプレイ, 明るい光の真実, アルメニア人大虐殺, 戦争犯罪の大虐殺, 自分の心を作る, ウクライナにおける飢餓ジェノサイド, アイルランドジャガイモ飢饉, ウクライナの飢餓, アイルランドの大飢饉, カウンターインテリジェンス観察, ウクライナ飢餓ジェノサイド, ジャガイモ飢饉アイルランド, アルメニア人大虐殺, 戦争責任, 信念は選択肢です, 殉教者殺人, 損失のメリット, 失敗と勝利, 死の勝利, 占い物語の芸術, 剣に落ちる, 殉教者の凡例, 将来の犠牲, 高貴な結実, 殉教の伝説, 事実をいじめ, 事実かフィクション, 陰湿な敵対, 戦闘いじめ, 真実を押す, 履歴はうそ, 失敗を受け入れる, 失敗した場合に建物, 思うに失敗, ストーリーテリングは嘘, 後悔と恩恵, 死んだ死んだ死んだ, 利益のための殺人, 伝説の犠牲, 英雄崇拝, 死者の整合性, 禁断の思考, 無言の思考, 殉教の賛美, 選択の余地ない人生, 管理失望, 師匠と弟子, 情報の流れ, 下請けの問題, c。i。a。潜水艦, ciaの秘密資金, 忙しい仕事, c。i。a。 o。s。s。へ, あまりにも多くの質問, 自己保存, 静けさの力学, 戦争を終わらせる, 戦争の機械, 実用的な戦争, 経済戦争, 装備戦闘ユニット, 戦争ソーシャルエンジニアリング, 非常識の生存, 社会戦争平衡, クイックエスケープ, 思考の旅, おなじみのパターン, 計画的な破壊, 責任コントロール, ホロコーストの責任, 第一次世界大戦, 世界戦争大虐殺, 虐待や虐待者, 弱い者いじめ, 強制的な飢餓, 虐殺大量殺人, 道徳戦時, 日系アメリカ人のための強制収容所, 日本の捕虜収容所, 囚人の視点, 敵のエイリアン, 民間人砲撃, 独自の省エネ, 弾幕風船, 修正主義者の歴史, ニュースメディア教育, 不治の病, 視点監督, ファシストユーモア, マルクス主義毛沢東思想, 減ると切り替える, 私につながる, 計画の言外の意味, 戦争の扇動, 快適ゾーン, 製造された戦争, 講談, プロットナビゲーション, あなた自身のために考える, 隠密行動, 浅い思考, 車の中で待っている, ムッバトラー, 嫉妬の世界, 社交界のファッション, 黒丸, 嫉妬して不安, 愛のゲーム, 原因と結果, このゲームをプレイ, 自信喪失の不安, 双方に有利な, 嫉妬操作, 試合に勝つ, 悪い姿勢, 偏執的な扇動, ソ連ドイツ, ひそかな知性, 戦争尋問, 決定的な答え, インタビュー発見, 入力を破る窃盗, 弾道ミサイル, 知的財産, 衝動性障害, バイエルンの要塞, 占領下のドイツ, 高山リダウト, 地下ナチス, 聖杯, 白のプロパガンダ, 山頂の居城, ベルクホーフ, 地下シェルター, 高山要塞, バイエルンリダウト, 戦争の神話, グレートサザン要塞, バイエルン部族, 永遠の春を願って, クエスト十字軍, 喪葬儀, リモート監視, 双眼鏡光学系, 家族の再会, リムジン霊柩車, ドライババトラー, 防水靴傘, 墓像, 尊敬反応, セキュリティのパラノイア, 葬式の儀式, 服従の理解, 上院議員ヴィーゼンタール, 他人を助ける, 死別支援, グリップ現実, 主観的な優先, 駅の期待, 放棄, 完全なミッション, 絶望的な希望, サービススタッフ, 良い生活, 優遇縁故主義, 法科大学院の教育, 相互利益, 機関間の協力, 秘密の陰謀, テレタイプ通信, 電話番号, 士気操作, ヨーロッパでの勝利, 欧州問題, 戦後ドイツ, 社長hooverツアー, ドイツの飢餓, ドイツの大虐殺, ホロコーストを投稿, 死と苦しみ, 世界大恐慌, ハーバートhoover, 分離債, 無実と罪悪感, 飢餓絶望, 絶望的な未来, 違いを定義, も例外ではない, 冷戦時代の政治, 受動攻撃性, 真実と制御, 被害者の自由, 情報管


Submitted:Dec 25, 2012    Reads: 7    Comments: 0    Likes: 0   


クレジット

N.A.S.A.の地球の写真の礼儀。

Trala Inc.による翻訳。

一 実行している裸生産

二版は - 二印刷

003-2.2-3jashm - 2012-04-02

フラグメント 地球

Robert Skyler著作権© 2007-2012

すべての権利予約

アメリカ製

何を考えて世界を教えてください。するか、レビューや評価の購入、そのページ上でこの本を破る購買。

この作品に表示されるすべての文字は架空のものです。実在の人物に任意の似ている、生きているのか死んで、純粋な偶然です。

フラグメント 地球

コンセプション

エピソード003

コールドコンセプト

"れを行うのは簡単"

日本語 版は

要約

誤解に壮大な冒険、心理的な短編小説のこのシリーズは、自分自身を理解することによって見落とさ無意味な意味の細かい意味を探ります。

~~~

この退屈な町を越えて、平野建物の中に、平和とは戦争がもたらす自由の一瞬の間に些細な手紙が立って新しい消しゴム、下に1つのファイルにその文字を行き、この消しゴムでそれはすべて再び始まる。

最後の虐殺の前夜と同盟力の次は、エージェントの朝、彼らの真実を正当化する意図的な戦争を産む、それを超える運動を始める。彼らは、彼らがなぜ尋ねる誰を残すべきではないだろうと、彼らができること。

序文

しいことに、我々は数字でそう大幅に優れてそれら のタスクの中で、思考はカウントできません。私たちの歴史は暴力であり、その欺瞞のための私達の総容量以上のものを示す場合、しかし、それは私たちが今ま で以上に離れて一緒に行うことができることの一つでしょう。グループは、個々の向こうエクセルできるタスクの数は数え切れないほどです:一緒に私たちは大 きなを狩るなどを収集し、安いのずっと移動、より速く、より深く掘り下げ、長く高く昇る、より私たちだけが強くなり、全く身体またはグループまで組み立て ないけれどもその数を増やすことにより、より自由に考えてきました。

どこに我々は、このタスクの追求に一緒になってきた:のみ退廃、腐敗、高利貸し、停滞と征服感が続く。心をこめ て、任意の丘の上に任意の石をドラッグすると確信することができ、人々の中で、あなたはそれがある後、それを用いて何をするべきかに同意する無誘導の大半 を見つけることができません。考えるとき、私たちの身近な物理グループは、私の続く知的専制となりますので。あなたは、当てにならないとわからない弱だっ たところに、彼らはすべて同意する場合、彼らは間違っていることができないためにバインドされている彼らは、紛れもなく純粋であり、それらはすべて私と同 じように思うでしょうした場合、それらはすべて同意します。

そこで、彼らは団結しますが、一度彼らはそれがそれらすべてを挑む、このフラグメント 地球だろう収まっていなければなりません。

第1章

見守る

- 北海、ヨーロッパ、1945年10月3日 -

"ぶん、彼らはそれがあまりにも濡れてほしくありませんでした。"

"テルモピュライは新しい潜水艦である場合はありません、私たちはそこに通っているされていない理由を、海を意味する -"

"そして、何ジェイムソン、軸の商船を沈める?王と国のために戦争に勝つ?それはチームメイトの上です、あなたはここで、 持って"

"おはよう、ラッズ。報告するために何か?"

"いいえ、新しい連絡先、サー!"

"トーンダウンそれノッチを、クラリー、まだ私のお茶を持っていません。"

"そしてログ"と、彼は黙って紙の平等に空のシートを提示した。

"何よりも興味深い何かがここで起こっているであろう。"私は答えた、 "あなたは、思うのですが"

"私がやった場合、私は卿、独りになると思います。"

サンプルを終了します。購入は今より即座に読み取ります。

http://www.robertskyler.com/fe/in/index-ja.html

第2章

購買

第3章

購買

第4章

購買

Honor

Earth photo help of N.A.S.A..

Explain by Trala Inc..

A Run Naked Make

Second Change - Second Print

003-2.2-3jashm - 2012-04-02

Part of Earth

Copyright © 2007-2012 by Robert Skyler - Do Not Copy

All Rights Keep

Made in America

Tell the world what to think. Make or break this book with a look or rate on it page of buy.

All person be in this work are story. Any look to real person, live or dead, is simple chance.

Part of Earth

Dream

Piece 003

Cold Idea

"Is Easy To Do"

Simple English Change

Record

A big event in not know, this group of mind short story, find the fine know of the empty know forget by know it.

~~~

After this slow city, inside a plain building, on a only file under a new remove, where stand an not important letter between a small time of agree and the freedom only war can bring, go that letter, and with this remove it all begin again.

On the night of the last many die and the morning of the next, agent of friend power, defend their truth begin a path after that lay a plan war. That they could, that they would, then they should go no one ask why.

First - Simple English

Sad, around those work that we do so great in number in, think can-not be count. Yet if our history show any-thing more than our gross size for anger, and trick of, it is certain that we can do more united than ever away. The number of work a group can do after the person is many: United we hunt great and collect more, move far for cheap, dig fast and deep, climb high for more; more only make us strong, though no body or group ever make has think more free by more it number.

Where we have come united in follow of this work: only rich, bad, use, settle and slave next. Around a people who can whole-heart be made to pull any stone to the top of any hill, you will not find an not leader many who will agree with what should be done with it once it is there. Because when think, the common real group of we, become the follow think rule of a me. For where you were open, weak and not sure, they that are tied are not deny simple, for they can not be wrong if they all agree, and they will all agree if they will all just think like me.

So they will join, but once they must fall it will be this Part of Earth, stop them all.

Part 1

Look

- The North Sea, Europe, October 3, 1945 -

"Maybe, they just did not want to get it too wet."

"No, I mean if the Thermopylae is a new submarine, why are not we out there cut the ocean-"

"And what Jameson, sink Axis work ship? Win the war for King and Land? It over friend, you got here-"

"Good Morning, People. Any-thing to report?"

"No new meet, Sir!"

"Sound it down a little, Clarry; not yet had my tea."

"And the report," he quiet here an level empty sheet of paper.

"You'd think," I said, "some-thing more concern than nothing would be go on here."

"I would be alone if I did, Sir."

End of piece. Buy now to read more now.

http://www.robertskyler.com/fe/in/index-se.html

Part 2

Buy

Part 3

Buy

Part 4

Buy

Credits

Earth photo courtesy of N.A.S.A..

A Running Naked Production

Second Edition - Second Printing

003-2.2-3jashm - 2012-04-02

Fragment Earth

Copyright © 2007-2012 by Robert Skyler

All Rights Reserved

Made in America

Tell the world what to think. Make or break this book with a review or rating on its page of purchase.

All characters appearing in this work are fictitious. Any resemblance to real persons, living or dead, is purely coincidental.

Fragment Earth

Conception

Episode 003

Cold Concept

"Is Easy To Do"





0

| Email this story Email this Short story | Add to reading list



Reviews

About | News | Contact | Your Account | TheNextBigWriter | Self Publishing | Advertise

© 2013 TheNextBigWriter, LLC. All Rights Reserved. Terms under which this service is provided to you. Privacy Policy.